真の森田療法を追究する

森田療法とは、強迫観念/強迫行為、対人恐怖症、不安神経症、鬱病などの神経症を治療するための精神療法で、日本の故森田正馬博士が創始した治療方法です。近年、日本では広まってきましたが、必ずしもすべての精神科医師や臨床心理士が森田療法を正しく理解して実施しているとはいい難いと思われるので、実際、森田療法によって、対人恐怖症と強迫観念を乗り越えた自分が、専門家の誤りを指摘し、正しい森田療法を広めるために、このブログを立ち上げました。

森田理論

どうしたら治せるのか? 強迫神経症


前回は、認知行動療法の暴露反応妨害法と森田療法の関係について述べました。
速い話が、森田が何十年も前に発見した精神の働きの仕組みを、認知行動療法は暴露反応妨害法という形に
形式を変えたものに過ぎないということでした。


さて、そこで、自分は海外での森田療法の展開についてどうなのかを知りたく若干ネットでしらべたところ、
アメリカのMorita Therapy Foundation というサイトを見つけました。どうやら、森田の価値はアメリカでも認められているらしい。ということで、このサイトを読んでみようかと思いましたが、ハタと考えました。

果たして自分の読者はそれを望んでいるのだろうか?

たぶん、読者には強迫神経症に苦しんでいるかたが多いのではないか?
すると、そういう話題より、どうしたら治せるのか?
という話題のほうがいいのではないかと思いました。

ということで、今回は、「どうしたら治せるのか?強迫神経症」という題で書いていこうと思います。

さて、

強迫神経症は、どうしたら治せるのか?

簡単に言えば、入院森田療法を受ければいい、となってしまいますが、それでは簡単すぎます。
実際、私の適切だと思う回答は、そうなのですが、そこには、

ちゃんとした入院森田療法を行っている病院はあるのか?
入院費用は用意できるのか?
仕事は休めるのか、学校は休めるのか?

といった、身に迫る問題があります。そこで、ここでは、入院しないで、自力で治す方法について書いていこうと考えました。

しかし、自力で治せる病態の範囲は限界があると思います。重症のものはやはり入院を検討していただいたほうがいいという前提で、以下参考にしてください。

そうはいっても、私には、外来森田療法と称する、間違った森田療法の治療者がやっている指導よりも、ずっと質のよい助言ができるという自信があります。実際強迫神経症を体験した者として、そう思っています。

さて、治すにはどうすればいいか?


まず、肝心なこと。

1.森田療法を正しく理解する。

です。そのためには、少々読みづらくても、森田正馬先生が書いた本を読むか、ないしは、鈴木知準先生が書いた本、水谷啓二氏が書いた本で、森田療法の説明を読んでください。

私としては、神経質の本態と療法、神経衰弱と強迫観念の根治法をお薦めします。
いずれも、森田先生の著書です。

次に。

2.森田的生活態度を実行すること。


これは、苦しい症状があっても、それをもちながら現実の生活を、仕事なり勉強なりを続けること。

重症な場合は、これができません。それがまったくできないなら、自分は入院が必要だと考えるべきと思います。

そして、現実の生活で大事なことは、身体の「動き」です。

これは鈴木知準先生がよく言っていました。「動き」の中に自由があると。

たとえば、朝、身支度をするとき、なるべく素早い動作で、動きます。
そのとき、どうしたら短い時間で効率的に終わらせることができるかに集中して動きます。

鈴木診療所では、風呂に入る時間が15分以内ときまっており、その時間内で、少ないお湯と水を使い体を洗い終えます。

そのような動作に工夫することに集中すれば、神経症の不快な感情から離れることができていくようになります。

また、嫌なこと、嫌いなことを進んでするようにします。

たとえば、便所掃除。雑巾を持ち、素手で洗います。
鈴木先生が言っていました。「○○医師がよくいうのだが、嫌なことをやらせると、神経症はどうしてよくなるんだろうと言うが、私もそう思う」と。

確かにそうなのです。嫌なことをすると、あとでスッキリした頭になります。
やってみてください。

20091111_768907


また、これは鈴木診療所ではありませんでしたが、本の朗読もいいのではないかと思います。
森田先生の本には書いてあります。

この場合、本はあまり考え込まないで読めるようなものがいいかと思います。
物語的なもの、歴史の本などがいいような気がします。
数学や科学の難しい理屈の説明した本はさけたほうがいいように思います。
読むときはしっかりした大きい声で読んでください。

あと、これは自分がだけによいことかもしれませんが、カラオケもいいように感じます。
この場合、漠然と歌うのではなく、うまく歌うにはどうしたらいいかの工夫をしながら
歌う方がいいでしょう。気晴らし的に歌うのは逆効果だと思います。
森田先生は、歌などの気晴らしを禁止していますので。

写経をすることもいいようです。この場合、字をきれいにかくことに集中します。

ということで、なるべく、いやなことをする、速い動きをする、発声を伴う読書や歌を歌う。できるだけ工夫のやりかたに気をくばってやってください。

すべて、動作です。速い動作を工夫しながらやっていきます。
(注)カラオケは適切なテンポというものがあるので、速ければいいというものではありません。 

そして、

3.規則正しい生活を心がける。


です。これは大事です。

森田療法は、作業療法です。治療理論を理解するのではありません。

暴露反応妨害法のように意図的に、恐怖体験のきっかけを用意しなくても生活の中で自然と恐怖体験がきます。そのときにも、いまやろうとしている作業を止めることなく続けるのです。

このような作業を継続してやっていれば、しだいに、「あるがまま」の態度を体得できるようになるかと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

暴露反応妨害法は、森田理論の感情の法則・精神交互作用説・体験療法そのものである


昨日は、認知行動療法の暴露反応妨害法が、森田正馬が言った「恐怖突入」と本質的に同じであることを言いました。そして、この森田の「恐怖突入」は、今から約一世紀も前に発見した方法です。それに対して、認知行動療法は1950年~60年代の論理療法や認知療法に起源をもつので、森田は数十年早く発見しています。
およそ学問上の発見に先取権が主張されるのが普通ですから、暴露反応妨害法は、森田正馬が発見したものと言ってよいと思います。

私は、まだ認知行動療法を十分勉強していないのですが、この暴露反応妨害法は次の2つの原理によっているものと考えられます。

原理1:人の不安な感情は、放っておけば時間が経つにつれて消失していく。

原理2:感情に注意を向ければ、感情はますます鋭敏になる。
 

このことを、「暴露」によって、体験的に会得するのが、暴露反応妨害法の要点です。

上の2つの原理は、森田正馬が、感情の法則と、精神交互作用説によって、見事に説明しています。

神経質の本態と療法(森田正馬著)の122ページから引用すると、

「第一、感情はこれをそのままに放任し、もしくは自然発動のままに従えば、その経過は山形の曲線をなし、一昇り、一降りして、ついには消失するものである。」

と原理1が明確に述べられています。


また、30ページに、

「神経質について私がいう精神交互作用とは、われわれがある感覚に対して注意を集中すれば、その感覚は鋭敏になり、そうして鋭敏になった感覚はさらにそこに注意を固着させ、この感覚と注意が相まって交互に作用することによりその感覚をますます強大にする、そういう精神過程を名付けたものである。」

とあります。

この精神交互作用を起こさせないために、強迫行為をがまんして止めることが重要になるわけです。

森田が発見した「感情の法則」と「精神交互作用」から、自然、演繹的に暴露反応妨害法が導かれることは容易にわかるでしょう。さらに付言するならば、神経症の治療が、説得ではなく、体得によってなされるべきことが森田により主張されていることに注意すべきです。つまり、体得するために、訓練として暴露反応妨害法を行うのです。


神経質の本態と療法の126ページから引用します。

「私の神経質療法は、ヒポコンドリー性基調感情に対して陶冶、鍛錬療法を施し、・・・
・・・そうしてこれは、常に患者をその実証、体得により、いわゆる自然に服従することを会得させようとするものであって、根本的な自然療法である。」

鍛錬療法、
実証、体得、会得
自然に服従

と、暴露反応妨害法の要点が、記述されています。

暴露反応妨害法を、西欧精神医学の恩恵とありがたく頂戴する必要はなく、すでに、数十年以上早く森田が見つけていたのです。

日本の臨床精神医学者は、この偉大な先駆的森田の発見の先取権を、西欧精神医学者に分からせる責任があるのではないでしょうか?

mhnews32-1


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

暴露反応妨害法は、森田の「恐怖突入」と同じ


認知行動療法では、強迫性障害の治療に「暴露反応妨害法」というものを使います。この治療法はかなり有効なのですが、実は、遅くとも昭和二年(1927年、いまから90年前)にはすでに森田正馬が発見している治療法なのです。

暴露反応妨害法とは以下のとおりです。
(東京認知行動療法」センターのWebサイトから引用 http://tokyo-cbt-center.com/programs/ocd

--------------------------------------------------------
「曝露法」は、強い不安が生じてもすぐにそれを鎮静化しようとせずに、不安に自分自身をさらす(曝す)ことです。心理学では、不安に自分自身をさらしていると、時間の経過とともに不安が下がっていくことが確認されています。人間の「慣れ」という性質をうまく使った方法です。

一方、「反応妨害法」は、一時的に不安を鎮静化するために行ってきた強迫行為をがまんして行わないようにする方法です。強迫性障害への介入では、この2つを組み合わせた「曝露反応妨害法」を実施し、強迫行為をしなくても不安が下がっていくことを繰り返し体験してもらいます。こうすることによって、強迫行為は徐々に不要となり、強迫観念も自然と解消されていきます。
---------------------------------------------------------

以下は、森田正馬著の「神経質の本態と療法」の171ページに記載されている「恐怖突入」の項です。

------------------------------------------------------
強迫観念の単純なもので、理解がよく従順で、勇気のある患者は、右に挙げた着眼点により説得しただけで治ることがあるのは、前の発作性神経症におけるように、ただちに恐怖の内に突入することによって治るのである。たとえば赤面恐怖の患者であって、電車に乗ることができないものに対して、「奮励一番、電車に乗って、自分の張り裂けるような赤面を衆人の前にさらすように」というふうに命じ、患者に猶予なく、ただちに実行させるようなものである。ある患者はこれによって、わずかに三、四日の間に、多年の赤面恐怖を征服したことがある。これは一面から見れば、懺悔の心理にも相当したものであって、自己を赤裸々に、衆人の前に告白発表するということによって、自我執着を去るものである。
 およそ強迫観念の患者は、つねに自己の恐怖に対して、もしそれに反抗したり、あるいは(引用者補足:恐怖突入しないで)そのまま持ちこたえているときには、ますますその恐怖を高め、精神の葛藤をいよいよ重くするものと誤想して、予期恐怖するのであるから、自分ひとりで恐怖に突入することはなかなか困難である。このとき、医師に強い信念のある後ろ盾があって、その医師から励まされ、命令されるときには、はじめてそれを実行することができる。理論的説得に深入りし、いたずらに懐疑にかられ不従順なものは。いつまでも実行できないのである。もし一度この恐怖突入を決行することができたならば、それはいわゆる捨て身の心境であって、自我忘却の境涯を体得し、自然に絶対服従ということを会得することができるのである。けれども強迫観念の少し複雑なものは、いつもこのように容易に排除することはできない。・・・概していえば、まず私の一般神経質に対する特殊療法を施すことが万全の策であって、・・・自由に作業療法を施すのがよいのである。
 ・・・そうして、第四期からは、強迫観念に対する直接の治療法を施し、自ら進んで恐怖に突入することをあえてさせるのである。たとえば火事恐怖の患者に対しては、火に関する仕事をさせるようなものである。
------------------------------------------------------
 
 ここには、「強迫行為をがまんして行わない」ことは書いてありませんが、確か別の本のどこかで読んだことがあります。後日、みつかったら記載します。

 また、感情は放っておけば時間の経過とともに消失することは、122ページの「感情の法則」の項で森田が説明しています。 

さて、この森田の説明には、

けれども強迫観念の少し複雑なものは、いつもこのように容易に排除することはできない。

と言っております。確かに、暴露反応妨害法ではうまくいかないケースがあります。森田はその難しさを承知しており、万全の策として、臥褥(がじょく)から始まる作業療法を行い、最後のほうで「恐怖突入」という段階的治療法を打ち出していることは、認知行動療法より、ずっとよいやりかたと思います。

暴露反応妨害法の少なくとも「暴露」については、「恐怖突入」という言い方で、一世紀近く前に森田が発見しています。

それについての先取権は、森田正馬にあると言えましょう。
 
honntai-ryouhou

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

強迫神経症は自力で治せる?


前回は、ある森田療法の専門家が、森田療法の本質も、強迫神経症の特質もわかっていないと指摘させていただきました。

間違った説明の森田療法専門家の動画↓


その専門家は、外来森田療法と称して、単なる説得療法を行っているにすぎないと思います。

説得の内容が、いくら森田理論でも、結局それは森田療法ではありえなく、説得にすぎません。
しかし、この動画の内容の治療方法は、森田理論でさえなく、普通の心理的説得だと思います。

さて、本来の森田療法は、

 第一期、絶對臥蓐。
 第二期、徐々に輕き作業。
 第三期、稍重き身體的精神的勞作。
 第四期、不規則生活による訓練。
 
を行う、絶對臥蓐~作業療法です。第一期~第三期は、外界と隔離された遮断の環境で行われます。
各期は、一週間程度です。

それで、要するに、「あるがまま」の態度を体験体得させるということに要点があります。

重要なことは、「あるがまま」の心的態度を体験・体得させるということです。

自分は、森田正馬の著者を読んで、大いに救われた感じがして、この本を理解して「あるがまま」を実践すれば、強迫神経症は治るものと思い込み、ひたすら、念仏のように「あるがまま、あるがまま・・・」と念じ続けました。しかし、治りません。畢竟、それは、あるがままになろうとする感情コントロールにすぎないからです。

そして、鈴木知準先生の診療所に入院して、「あるがまま」を体得できるようになったのです。

さて、ここで、森田理論の著書を読んだだけで、重症な強迫神経症などが自力で治せるのか?

という問題があります。私は、それはかなり難しいと考えています。

しかし、世の中には凄い方がいるもので、自力で治した人がいるんですね。

ある日、「誰にもいえないこと」に襲われる 著者:佐藤条二氏

satoh-joji

Amazonでの購入はこちら

を読みました。この著者は、13歳のころから、約8年間強迫観念に苦しめられ、大学受験に失敗して無為の人となりかけていたが、禅と森田療法に出会い、受験勉強を「作業療法」として利用して強迫観念を自力で克服し、東大受験に再挑戦、合格して自分の納得にいく人生を勝ち取りました。

いや~、凄いです。凄い人。勉強ノイローゼとよく言われますが、その勉強を必死にやることがむしろ強迫観念の治療になったのですから。このようなやけっぱちの勉強による奮闘で森田正馬自身も神経症を治しています。
著者は、がむしゃらの受験勉強で、「あるがまま」を体得されたようです。

佐藤条二氏の本、文章も優れ、「生きる」ことの意味、頑張ることの意味をたいへん力強く感じ、感動しました。

現在、神経症に悩んでいるかたには、一読を強くお奨めしたいです。

自分は、もう還暦を過ぎていますが、また、今後の人生を力強く生きて行こうというエネルギーをもらいました。

佐藤条二さんに深く感謝申し上げます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

森田療法とはなんなのか?


昨日、強迫観念など神経症の苦しみは、心に感じた不快な感情を意思の力で除去しようと意思の「はからい」によって、その感情をコントロールしようとした結果、その感情に注意が向き、そしてますます感情が強くなり、精神交互作用により感情への執着と感情の強化がされてしまい、「とらわれ」を起こすという悪循環の仕組みから生じることを説明しました。

これは、森田正馬による「とらわれ」の仕組みの解明です。

それで、この「とらわれ」から解放されるためには、「あるがまま」に苦しい感情を耐えればいいということを言いました。

しかし、このようなあるがままになればいいと言う知識も知っても、「あるがまま」にはなれず苦しい感情を消滅させることはできないとも、言いました。

それは、あるがままになりなさい、ということは「説得」だからです。

説得療法は、神経症の治療としては無力です。

では、どうしたらいいのか? 森田療法とはなんなのか?

それは、最近、青空文庫で発行された、森田正馬先生の著書「神經質に對する余の特殊療法」に詳しく書かれています。


神經質に對する余の特殊療法


それによれば、森田療法とは、

 第一期、絶對臥蓐。
 第二期、徐々に輕き作業。
 第三期、稍重き身體的精神的勞作。
 第四期、不規則生活による訓練。
 
を行う、絶對臥蓐~作業療法です。第一期~第三期は、外界と隔離された遮断の環境で行われます。
各期は、一週間程度です。

それで、要するに、「あるがまま」の態度を体験体得させるということに要点があります。

----- 引用始 ------
此の治療期間は長くとも一期間一週日で、四週間を以て終り、或は三日宛とすれば十二日間で此療法を終るのである。で、其三期間は全く社會と絶つて、家族との面會をも許さない隔離療法であつて、其の根本的の目的は、患者をして精神の自然發動、及び其の成行きを實驗體得せしめて、自己に對する從來の誤想臆斷を破壞し、總て物に拘泥するといふ事を廢し、大きくいへば佛教の所謂無碍礙といふ心的状態に導き、身心の自然機能を發揮させるのである。即ち身心の自然療法である。
----- 引用終 -------

と書かれています。

つまり、森田療法は、森田理論を教えて治すのではなく、精神の自然発動及びその成行を実験体得させる体験療法なのです。

この最も重要な、体験体得ということをさせないで、森田理論の説明に終始するのは、単に説得療法に過ぎません。

現在、かなり多くの森田療法と称する医療従事者また勉強家の患者が、「あるがまま」を単に知識で学んで治そうとしていることは、嘆かわしいことだと言わざるを得ません。

東京慈恵会医科大学の森田療法センターでは、「入院療法が基本です」と言っていますが、外来・森田療法(森田療法的カウンセリング)と称して、外来もやっています。

しかし、森田先生が勤務していた同大学病院に、あえて言わせていただけるなら、外来森田療法というものは、ありえません。森田先生は、絶對臥蓐から始まる四期にわたる入院療法を森田の特殊療法と呼んでいたのですから。

東京慈恵会医科大学の森田療法センター

jikei


まあ、括弧内で(森田療法的カウンセリング)と記載してあるのは、このような事情は同大学病院も理解していると思われますが。

でも、外来森田療法という言葉は間違っています。

これは、はっきりと言えます。


東京慈恵会医科大学の森田療法センターは、一番信頼置けそうな森田療法を実施する病院のようですが、そこの治療スタッフすべての人が、森田療法の本質を理解しているのかといえば、そうではないようです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

ギャラリー
  • 治し方、数息観で心を鍛える
  • 神経症の治し方、自然な呼吸をすること。
  • 強迫神経症の治し方、心の眼を外に向けろ。
  • 神経症の治し方、坐禅
  • 神経症の治し方、優れたガム効果
  • 何にもわかっていない元日本森田療法学会理事長
  • 強迫神経症で、どう勉強すればいいの?
  • どうしたら治せるのか? 強迫神経症
  • 暴露反応妨害法は、森田理論の感情の法則・精神交互作用説・体験療法そのものである