真の森田療法を追究する

森田療法とは、強迫観念/強迫行為、対人恐怖症、不安神経症、鬱病などの神経症を治療するための精神療法で、日本の故森田正馬博士が創始した治療方法です。近年、日本では広まってきましたが、必ずしもすべての精神科医師や臨床心理士が森田療法を正しく理解して実施しているとはいい難いと思われるので、実際、森田療法によって、対人恐怖症と強迫観念を乗り越えた自分が、専門家の誤りを指摘し、正しい森田療法を広めるために、このブログを立ち上げました。

全般

丸善には、森田療法の本を置いていない?


今日は、用事があって御茶ノ水に行きました。ついでに、本屋に行ってみました。
森田療法の本がどのくらいおいてあるのかをみてみました。
お茶の水駅近くの丸善と、神保町の三省堂に行き調べてみたら、面白い事実がわかりました。

丸善で、医学、家庭医学、心理学の各コーナーを観ましたが、森田療法の本は一切おいてありません。
あるのは、認知行動療法の本だけでした。なぜだろう? と思いました。

そして、今度は、神保町の三省堂で調べたら、写真のように森田療法の本が棚一段全部においてありました。もちろん認知行動療法もありました。

丸善と三省堂のこの違い、いったいなんでしょうか?

ネットでみればわかるとおり、森田療法は日本ではかなり認知されてきて治療実績もある精神療法なのに、なぜ丸善では森田療法の図書が売られていないのか?三省堂ではたくさんおいてあるのに。

本屋というところ、思想の自由を守る役目があると思います。
丸善は、思想・主張の内容によって、販売する本をコントロールしているのでしょうか?

なにか、疑念を抱いてしまいましたね。三省堂のほうがいい本屋さんのように思えてきました。

森田療法の何がいけない?行けないとすれば、禅と関係があるところだろうか?
しかし、禅や仏教の本は丸善でもおいてありますがね。

認知行動療法と森田療法の類似性は指摘されています。
認知行動療法の暴露反応妨害法は、森田療法の「恐怖突入」とほぼ同じです。
森田療法は、1919年に創始され(ウィキペディアによる)、認知行動療法は1950~1960年代の認知療法に起源をもつ(ウィキペディア)というので、明らかに、森田のほうが数十年早くできています。

日本、世界の学会では、強迫神経症の治療には認知行動療法が有効との認識が一般的のように思えます。しかし、認知行動療法より数十年早く、類似の精神療法が森田正馬によって開発されていたということを学者さんたちは、認識すべきではないでしょうか?

日本の学者さんたちは、もっと強く森田の先取権を主張していいのではないでしょうか?

森田療法と認知行動療法の比較についてはいつか議論してみたいと思います。

 丸善の本棚
IMG_20160926_124047

三省堂の本棚
IMG_20160926_141255
IMG_20160926_141158
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

専門家の誤りを指摘するとは。大それたこと??


まさとしです。神経症とはなにか、についてはあとで説明したいと思いますが、だいだい意味は周知のことだろうと思います。

冒頭で申しました。精神医療の専門家は、必ずしも森田療法を正しく理解していない、と。
そして、自分がその専門家の誤りを指摘すると。

専門家の言葉だから正しかろうという見方は、精神医療については特に用心しなくてはいけません。
精神科医は神経症を経験したのだろうか? たぶん、ほとんどの精神科医は神経症の体験はないのではないかと思います。彼らは、ほとんど学問を学ぶという方法でしか、神経症や精神病を理解していません。

とすれば、神経症の病態をもっとも知り尽くしているのは、患者自身です。
したがって、病態については、患者のほうが精神科医より詳しいと思います。

それゆえ、理想的な神経症の治療者とは、神経症を乗り越えた医者ないしは臨床心理士です。

森田正馬が神経症の本態を知り尽くし、その有効な治療法を編み出したのは、森田自身が神経症を経験していたからです。森田正馬没後、そのような治療者は、啓心寮の治療者である、水谷啓二氏、鈴木診療所の医師、鈴木知準博士(亡くなった順にあげています)、の3人ぐらいでしょうか。
私は、鈴木知準さんに治してもらいました。水谷啓二、鈴木知準博士も森田正馬博士のところで治療を受けました。少なくともこの3人は、正しい森田療法を実践したかたたちです。

神経症の病態は、神経症をかかった人でなければわからない。とすれば、その治療については神経症にかかったことのない治療専門家よりも、自分のような経験者のほうが神経症治療について正しい着眼点をもっていると思っています。
専門家の誤りを指摘することは、大それたことではないと思います。

森田正馬博士
morita_shoma


水谷啓二氏

Mizutani_sensei01rev

鈴木知準博士の著書

_SX337_BO1,204,203,200_

(注)鈴木先生の画像はありませんでした。

 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 治し方、数息観で心を鍛える
  • 神経症の治し方、自然な呼吸をすること。
  • 強迫神経症の治し方、心の眼を外に向けろ。
  • 神経症の治し方、坐禅
  • 神経症の治し方、優れたガム効果
  • 何にもわかっていない元日本森田療法学会理事長
  • 強迫神経症で、どう勉強すればいいの?
  • どうしたら治せるのか? 強迫神経症
  • 暴露反応妨害法は、森田理論の感情の法則・精神交互作用説・体験療法そのものである