先日、「どうしたら治せるのか? 強迫神経症」という題で、治し方をいくつかあげました。


森田的生活をする。そして身体の動きを大事にすることを言いました。



1.朝の身支度を素早くする。
2.便所掃除をする。
3.本を朗読する。
4.うまく歌うことを意識してカラオケをする。
5.字をきれいにかくことに注意して、写経をする。
6.勉強は、参考書も丸写しから始めていく。

などをあげました。

さて、今回は、即効性のあるやり方を紹介します。

それは、ガムを噛むことです。

不安なとき、強迫観念に襲われたとき、雑念にとらわれた時に、ガムを噛んでみてください。

かなりいいはずです。しかも即効性がある。


セロトニン研究者、有田秀穂博士によれば、

-----------------------------------
咀嚼のリズム運動では、チューインガムを噛むのもおもしろい方法です。噛むという行為は、消化機能の補佐だけでなく、脳を活性化する運動となるからです。
ー中略ー
このような多様なリズム運動は、やり方さえきちんとしていれば、セロトニン神経を十分活性化できます。
-----------------------------------

とのことです。

ぜひ試してみてださい。

64090_original


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ