前の日本森田療法学会理事長であった、北西憲二氏。


個人攻撃のようで、申し訳ありませんが、正しい森田療法を維持しなくていけないという目的のため批判させていただきます。この先生が2008年ごろ行ったと思われる、森田療法セミナーのDVDの動画が

Youtubeにアップされています。その内容が問題です。

森田療法セミナーDVD1



これによれば、「パラダイムを転換し、違った形での森田療法を我々は提供できるようになった。」と言っています。

外来森田療法を中心として、入院森田療法と自助グループ(生活の発見会のこと)と関係をもちながら
森田療法を展開していく、と言っています。

外来森田療法が中心??

これには、驚きです。


森田正馬は、はっきりと、

 第一期、絶對臥蓐。
 第二期、徐々に輕き作業。
 第三期、稍重き身體的精神的勞作。
 第四期、不規則生活による訓練。
 
を行う、絶對臥蓐から始まる四段階の作業療法のことを、「余の特殊療法=森田療法」と定義しているのです。

その理由は、神經質に對する余の特殊療法に書かれている下記の文章であきらかです。



----- 引用始 ------
此の治療期間は長くとも一期間一週日で、四週間を以て終り、或は三日宛とすれば十二日間で此療法を終るのである。で、其三期間は全く社會と絶つて、家族との面會をも許さない隔離療法であつて、其の根本的の目的は、患者をして精神の自然發動、及び其の成行きを實驗體得せしめて、自己に對する從來の誤想臆斷を破壞し、總て物に拘泥するといふ事を廢し、大きくいへば佛教の所謂無碍礙といふ心的状態に導き、身心の自然機能を發揮させるのである。即ち身心の自然療法である。
----- 引用終 -------

この文で重要な言葉は、

其の根本的の目的は、患者をして精神の自然發動、及び其の成行きを實驗體得せしめて、

の部分です。自然発動、実験体得せしめること。

ここです。

あるがままを体得させるには、絶対臥褥から始まる、作業療法がどうしても必要だという認識に長年の実験的研究の結果、森田が到達したのです。

パラダイム転換?

(注)パラダイムとは、ものの見方・考え方を支配する認識の枠組をいいます。

この講師のひとは、森田療法を「入院中心」から「外来中心」へとパラダイム転換をできてきた

と言っています。なんだろう?

それは、森田が重視した、「体験・体得」を軽視していく姿勢であろうと思われます。

これは、あきらかな間違いです。


また、不問療法と言って、患者が訴える症状の苦痛を、森田療法では「不問」にふすと森田が言っています。これについても、「不問」から「問うこと」と「介入」へ変えたと言っています。

不問療法は、患者の注意を症状への関心から離させるための手法です。

患者の苦痛に介入しては、そのような症状からの引き離しができず、精神交互作用によって患者はますます、症状を悪化させてしまうことは、森田理論から明らかです。

「不問」から「問うこと」と「介入」への変更

これも間違いです。なぜ、(症状を)問うのか?

そのほうが一見、患者からの受けがいいからでしょう。単に患者を病院に引き付けるためです。

本当に患者の身になった気持ちからではありません。 

パラダイム転換など、ありえません。

これほど森田の原法から逸脱してしまっては、もやは森田療法ではありないと考えます。


こんなおバカなことを言ったひとが、前の日本森田療法学会理事長だったとは驚きです。

北西憲二氏が所長をやっている「森田療法研究所」のサイトを観ました。

そこには、新しい森田療法と称して、以下のようなことが記載されています。

-----------------------------------------------------------
新しい森田療法
この新しい森田療法は外来での戦略的に行う精神療法です。
ネオ森田療法は、入院という伝統的な治療システムによらないこと、個人精神療法(個人カウンセリング)を主として、家族療法、夫婦療法、親子療法などを適宜組み合わせること、精神分析的精神療法、認知療法、行動療法などの技法を必要に応じて取り入れていることなどがその特徴です。
新しいスタイルの森田療法(ネオ森田療法)といえるでしょう。
-----------------------------------------------------------

入院によらない。
精神分析的精神療法
認知療法
行動療法
ネオ森田療法

まあ、なんでもありのごった混ぜのようです。

このクリニックにかかるのはやめた方がいいと思われます。

なぜ外来森田療法が中心なのか? 外来のほうがやりやすいからと思われます。

しかし、正しい医療とは、やりやすいかどうかではないはず。

この人、東京慈恵会医科大学卒業、スイスに留学経験ありのかた。

おそらく勉強したものは、なんでも利用したいという考えと想像します。


個人批判になって申し訳ないが、正しい森田療法を後世に残すために、あえて批判を書きました。なにとぞ、ご理解ください。

 morita_seminar_DVD

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ