真の森田療法を追究する

森田療法とは、強迫観念/強迫行為、対人恐怖症、不安神経症、鬱病などの神経症を治療するための精神療法で、日本の故森田正馬博士が創始した治療方法です。近年、日本では広まってきましたが、必ずしもすべての精神科医師や臨床心理士が森田療法を正しく理解して実施しているとはいい難いと思われるので、実際、森田療法によって、対人恐怖症と強迫観念を乗り越えた自分が、専門家の誤りを指摘し、正しい森田療法を広めるために、このブログを立ち上げました。

暴露反応妨害法は、森田の「恐怖突入」と同じ


認知行動療法では、強迫性障害の治療に「暴露反応妨害法」というものを使います。この治療法はかなり有効なのですが、実は、遅くとも昭和二年(1927年、いまから90年前)にはすでに森田正馬が発見している治療法なのです。

暴露反応妨害法とは以下のとおりです。
(東京認知行動療法」センターのWebサイトから引用 http://tokyo-cbt-center.com/programs/ocd

--------------------------------------------------------
「曝露法」は、強い不安が生じてもすぐにそれを鎮静化しようとせずに、不安に自分自身をさらす(曝す)ことです。心理学では、不安に自分自身をさらしていると、時間の経過とともに不安が下がっていくことが確認されています。人間の「慣れ」という性質をうまく使った方法です。

一方、「反応妨害法」は、一時的に不安を鎮静化するために行ってきた強迫行為をがまんして行わないようにする方法です。強迫性障害への介入では、この2つを組み合わせた「曝露反応妨害法」を実施し、強迫行為をしなくても不安が下がっていくことを繰り返し体験してもらいます。こうすることによって、強迫行為は徐々に不要となり、強迫観念も自然と解消されていきます。
---------------------------------------------------------

以下は、森田正馬著の「神経質の本態と療法」の171ページに記載されている「恐怖突入」の項です。

------------------------------------------------------
強迫観念の単純なもので、理解がよく従順で、勇気のある患者は、右に挙げた着眼点により説得しただけで治ることがあるのは、前の発作性神経症におけるように、ただちに恐怖の内に突入することによって治るのである。たとえば赤面恐怖の患者であって、電車に乗ることができないものに対して、「奮励一番、電車に乗って、自分の張り裂けるような赤面を衆人の前にさらすように」というふうに命じ、患者に猶予なく、ただちに実行させるようなものである。ある患者はこれによって、わずかに三、四日の間に、多年の赤面恐怖を征服したことがある。これは一面から見れば、懺悔の心理にも相当したものであって、自己を赤裸々に、衆人の前に告白発表するということによって、自我執着を去るものである。
 およそ強迫観念の患者は、つねに自己の恐怖に対して、もしそれに反抗したり、あるいは(引用者補足:恐怖突入しないで)そのまま持ちこたえているときには、ますますその恐怖を高め、精神の葛藤をいよいよ重くするものと誤想して、予期恐怖するのであるから、自分ひとりで恐怖に突入することはなかなか困難である。このとき、医師に強い信念のある後ろ盾があって、その医師から励まされ、命令されるときには、はじめてそれを実行することができる。理論的説得に深入りし、いたずらに懐疑にかられ不従順なものは。いつまでも実行できないのである。もし一度この恐怖突入を決行することができたならば、それはいわゆる捨て身の心境であって、自我忘却の境涯を体得し、自然に絶対服従ということを会得することができるのである。けれども強迫観念の少し複雑なものは、いつもこのように容易に排除することはできない。・・・概していえば、まず私の一般神経質に対する特殊療法を施すことが万全の策であって、・・・自由に作業療法を施すのがよいのである。
 ・・・そうして、第四期からは、強迫観念に対する直接の治療法を施し、自ら進んで恐怖に突入することをあえてさせるのである。たとえば火事恐怖の患者に対しては、火に関する仕事をさせるようなものである。
------------------------------------------------------
 
 ここには、「強迫行為をがまんして行わない」ことは書いてありませんが、確か別の本のどこかで読んだことがあります。後日、みつかったら記載します。

 また、感情は放っておけば時間の経過とともに消失することは、122ページの「感情の法則」の項で森田が説明しています。 

さて、この森田の説明には、

けれども強迫観念の少し複雑なものは、いつもこのように容易に排除することはできない。

と言っております。確かに、暴露反応妨害法ではうまくいかないケースがあります。森田はその難しさを承知しており、万全の策として、臥褥(がじょく)から始まる作業療法を行い、最後のほうで「恐怖突入」という段階的治療法を打ち出していることは、認知行動療法より、ずっとよいやりかたと思います。

暴露反応妨害法の少なくとも「暴露」については、「恐怖突入」という言い方で、一世紀近く前に森田が発見しています。

それについての先取権は、森田正馬にあると言えましょう。
 
honntai-ryouhou

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

森田正馬だったらなんと言っただろうか?


前回の投稿では、現代の森田療法は切れがなくなったことを指摘しました。

例として、森田療法の臨床心理士K氏が、代理確認をしている家族に、代理確認は段階的に止めるようにして現実に直面させるよう言っています。
(注:代理確認とは、自動車事故を起こしたかもしれないことを恐れる強迫行為の患者が自分で確認を行わず、家族に事故が起きたかどうかを確認してもらうこと。)

もし、この患者と家族が、森田正馬先生のところに治療を求めてきたとしたら森田先生は何といっただろう。

そんな仮想シーンを考えてみました。

以下は、私が仮想した、森田先生の指導内容です。

家族(患者):代理で家族が、確認行為をしていてたいへんです。なんとかこの病気を治していただけないでしょうか?

森田: 確認行為を家族にさせているのですか? そんな意志薄弱な人は、治療できませんので帰ってください。その意志薄弱を直してからきてください。ご家族のかたは、そのような代理確認は今すぐ止めなさい。 

まあ、こんなことを言って、神経質患者の人格矯正をするための指導的言葉を言ったのではないかと思います。

神経者は、負けず嫌いなので、きっと「甘える」ことを反省をして前向きな姿勢にかわるだろうということを見越し患者の心機一転を促す意味でこのようなことを言ったのではないでしょうか?

森田的指導とは、まさにそんなところにあるように思えます。

このようなことを言うには、もちろん患者が神経質者であることを見抜いている前提は必要です。

故水谷啓二氏が、森田正馬に入院を求めたときには、「東大受験に合格したら入院させてあげる」と言い、水谷氏は、見事東大に合格してから入院したそうです。

森田先生の指導方法は、まさに神経質の特長を生かして、人間として教育するやりかただったのです。

現代の大病院での森田療法では、このような人間教育的要素はおそらくないと思います。

s1325-21-g05


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ

切れがなくなってきた現代の森田療法


前回は、強迫神経症を自力で克服なさった、佐藤条二さんの本を
紹介しました。

  ある日、「誰にもいえないこと」に襲われる 著者:佐藤条二氏


本当にいい本です。神経症で悩んでいるかたは、ぜひ読んでください。

購入は、こちら。 

私は、重症の強迫神経症、対人恐怖症などを自力で治すのは、難しいと思います。

佐藤さんのようなケースは、特殊ではないでしょうか?

重症のケースは、外来より入院のほうがいいと思います。

ところで、現代の森田療法について、昔のそれと比べて、切れがなくなったとか迫力がなくなったとか、そういう印象を感じています。

下の久保田幹子氏の 強迫性障害への森田療法Q&A-1 というYouTubeの動画での説明を観ました。この動画ではそれほど間違ったことはないので批判はしませんが、感じたことを言います。

久保田幹子氏の動画 
kubota_QA1

この動画では、強迫性障害の人が、自分の疑っている不安を、家族に確かめさせている例を紹介しています。家族は、本人に代わって、その「確かめ」をして本人をなだめているのだそうです。
それに対する久保田氏の家族への指導です。確かめは家族がするのを止めないといけないが、いきなりやめると本人がパニックになるので、段階的にやめていくようにしなさいと言っています。
本人に代わって、家族が代理確認をしてはいけない、ということは正しいのですが、果たして段階的にする必要があるのでしょうか? 治療の甘さを感じますね。切れがないというか、治療者に自信がないとかいうようなことも感じます。

森田正馬先生は、神経質による心臓発作の患者に、「その発作を今、診察するので、その発作を私の前で実際に起こしてみなさい。」と患者に言いました。しかし、患者が発作を起こそうとしたが、起きない。それだけでその病気が治ってしまった、ということです。

「恐怖突入」ということです。家族の代理確認をやめて段階的に本人自身に現実と直面させる、と言う久保田氏。
私はそんな必要はないと思います。いきなり現実と直面させればいいのでは?
それでこそ、心機一転を体験できるきっかけを作れるのです。

現代の森田療法は、心機一転という人間の持っている自然治癒力を生かしていません。
それは、森田療法専門家と称している、治療者が森田精神の本質を知らないからです。
あ、やっぱり批判になってしまいました(苦笑)。

心機一転。これを生かせないのは、治療者が神経症の体験がないからでしょう。 

現代の森田療法は、切れがなくなりました。
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ
ギャラリー
  • 治し方、数息観で心を鍛える
  • 神経症の治し方、自然な呼吸をすること。
  • 強迫神経症の治し方、心の眼を外に向けろ。
  • 神経症の治し方、坐禅
  • 神経症の治し方、優れたガム効果
  • 何にもわかっていない元日本森田療法学会理事長
  • 強迫神経症で、どう勉強すればいいの?
  • どうしたら治せるのか? 強迫神経症
  • 暴露反応妨害法は、森田理論の感情の法則・精神交互作用説・体験療法そのものである